• ホーム
  • アジーはジェネリックの中でも、価格が安く安全性が高いと評価されています

アジーはジェネリックの中でも、価格が安く安全性が高いと評価されています

薬を取っている男性

日本国内の病院や診療所ではアジスロマイシン錠として先発医薬品のジスロマックが処方されていますが、海外では安価なジェネリック医薬品が多く用いられています。ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ種類・量の有効成分が配合されているので、同じ治療効果を持ちます。ジェネリック医薬品は、薬の効き目は同じで値段が安いというメリットがあります。

日本国内ではジスロマック(アジスロマイシン)は法律で医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、病院や診療所で診察を受けて医師に処方してもらわないと購入することができません。そのかわりに、診察料や薬代の7割が健康保険で賄われます。医療保険制度が整っていない国や地域では、薬の購入費用は全額自己負担が基本です。米国のように医療費が高額な国や所得の低い発展途上国に住む人々は、高価な先発医薬品よりも安価な価格で購入できるジェネリック医薬品を服用して病気を治療する方法が一般的です。

アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社のシプラ社が製造・販売している白色の錠剤です。安価な価格で販売されているアジーは多くの国や地域で人気のある治療薬のひとつで、ネット上の口コミサイトにはクラミジアの治療効果が高いことで高く評価されています。実際にアジーを服用した人のコメントを見ると、初期症状の段階で薬を飲んだらクラミジアが治ったという口コミが数多く寄せられています。アジーの有効成分はジスロマックと同じアジスロマイシンなので、アレルギー反応や消化不良などの副作用を起こしにくくて安全性が高いという特徴を持ちます。

ジェネリック医薬品のアジーは価格が安いですが、先発医薬品のジスロマックと同じ効果・安全性を持つ優れた薬です。アジーは大量に製造・販売されている薬のひとつなので、他のジェネリック医薬品と比較しても販売価格が安いというメリットがあります。アジーは250mg・500mg錠に加えて1000mg錠を選択することができるので、クラミジアの治療をする場合はジスロマックよりも使い勝手が良いという利点があります。先発医薬品のジスロマックは250mg錠と500mg錠の2種類で、500mg錠は3個が1パックになっています。クラミジアを治療する場合は2個の500mg錠を飲めば済むので、1錠が無駄になります。これに対してアジーの1000mg錠であれば、最初に1錠を飲むだけで高い確率で性器クラミジア感染症を完治させることができるので経済的です。アジーの1000mg錠をまとめ買いすれば、病院や性病クリニックに行くよりも安価な費用でクラミジアを治すことができます。