• ホーム
  • クラミジアの症状には個人差があるので、専門医を早めに受診することです

クラミジアの症状には個人差があるので、専門医を早めに受診することです

男性を診ている医者

クラミジアは国内でポピュラーな性感染症のひとつですが、細菌が感染する体の場所や発症した際に出る症状は性別や体質によって違いがあります。性器クラミジアに感染すると数週間程度の潜伏期間を経た後に男性と女性の両方で発症しますが、同じ病気でも性別が違うと自覚症状や病気の進行が点で大きく異なります。

男性患者であれば、病原菌は最初に尿道の粘膜で増殖して尿道炎を発症します。男性が尿道炎を発症すると、排尿痛や排尿時の違和感を感じます。場合によっては膿が排出されることもあります。ただし、全体の約半数の患者は全く自覚症状が出ないので病気を見過ごしてしまう恐れがあります。

女性が性器クラミジアに感染すると最初に膣炎や子宮頸管炎を発症しますが、一部の患者は軽い下腹部の痛みやおりものが増えるといった自覚症状が出ます。それでも全体の約8割の女性患者は無症状で、生理と間違われることもあります。淋菌感染症やトリコモナス症などのようにクラミジア以外の性感染症と病状が似ているので、他の病気と間違えることも少なくありません。

クラミジア菌は喉(のど)の粘膜にも感染する恐れがあり、風邪をひいたり体の免疫力が弱くなった時に扁桃炎の形で発症する場合があります。免疫力が回復すれば扁桃炎は収まりますが、炎症が消えても病原菌は残留し続けるので慢性的に何度も繰り返すようになります。扁桃炎を起こしてもクラミジアが原因であることに気づきにくく、雑菌による炎症と判断して適切な治療を受けない人もいます。

性器・泌尿器や喉の粘膜にクラミジア菌が感染して炎症を起こすと、脇や首などのリンパ腺が腫れることがあります。それでも他の病原体に感染して炎症が発症してもリンパ腺が腫れることがあるので、きちんと検査を受けないと病気の原因を特定することはできません。

クラミジアに感染して起こる症状は他の性感染症の場合と似ていますが、病原体ごとに治療方法や服用すべき薬の種類は全く異なります。病名を誤って効かない薬を飲み続けると、この間に病気を悪化させてしまう恐れがあります。適切な治療薬を服用して病気を治すためには、症状の原因や病原体の種類を正しく判断することが必須です。もしも体に何らかの違和感を感じたり、クラミジアや他の性感染症の症状が出た場合には、病状が悪化する前に早めに医療機関で専門医の診察を受けるようにしましょう。治療が遅れると重大な合併症を引き起こす恐れがあるので、症状が出ているのに放置し続けることは非常に危険です。