• ホーム
  • 早期治療を行うことで、クラミジアは完治が見込める性感染症です

早期治療を行うことで、クラミジアは完治が見込める性感染症です

性器クラミジア感染症に罹って治療をせずに放置すると、病原菌は体の奥の方に侵入して重大な合併症を引き起こす危険性があります。女性の場合は病原菌が生殖器の内部に侵入すると卵管炎を起こし、卵管が癒着して卵子の通り道が塞がって不妊症になってしまうケースも少なくありません。卵管炎が原因で狭くなったり、塞がってしまった卵管は二度と元に戻すことができないので、クラミジアが完治した後も子供が作れなくなってしまう危険性があります。

クラミジア感染症を悪化させて合併症を起こすと、治療後も後遺症が残る恐れがあります。もしも早期に病気を見つけて初期の段階で治療をすれば、後遺症が残る心配はありません。クラミジアに感染してしまった際に体へのダメージを少なくするためには、早く見つけて早期治療をすることが大切です。病原菌が生殖器の内部に侵入する前に治療薬の服用を開始すれば、飲み薬だけで簡単に治すことができるからです。女性患者でも早期治療をすれば、不妊症になる心配がありません。

早い段階でクラミジアを見つけて早期治療を開始すれば、ジスロマック錠を1回飲むだけで病気を完治させることができます。早めに治療をすれば、リンパ腺の腫れや強い痛みなどの症状に苦しむこともありません。早期治療を開始してジスロマックを飲めば、普段通りの生活をしながら誰にも知られずに病気を治すことができます。

クラミジア感染症を治療する場合は、早く薬を飲んで治療を始めることが大切です。病原菌に感染する恐れがある方であれば、個人輸入通販サイトを利用してあらかじめ治療薬を購入して備えておくことができるでしょう。何らかの異常を感じた際にすぐに薬を飲むようにすれば、辛い症状や不妊症などの後遺症の影響を受けることなく病気を完治させることができます。

クラミジアに罹った時に早期治療をするためには早く見つけることが大切ですが、自覚症状が出にくいので病気に気づきにくいという問題があります。女性患者の約8割は初期症状を発症しても自覚症状が出ないので、見過ごしてしまうケースが少なくありません。早期発見をするために、自分でセルフチェックをしたり、病院で検査を受けることができます。発症初期に起こる症状を知っておけば、体に何らかの異常を感じた時にすぐにクラミジアを疑って病院で受診することができるでしょう。クラミジア検査のために病院に行きたくない人は、自宅に居ながら感染の有無をチェックすることができる検査キットを活用する方法もあります。